徒然なるままに

気まぐれなV6と関ジャニが好きなおたくのブログ

社会人二年目ジャニヲタの応援スタンス

今さらながらに、まあ自己整理を含めてやってみる。

こちらの方のブログを参考に。

 

http://cori0922kw.hatenablog.jp/entry/2016/05/14/213035

 

担当:森田剛(V6)、丸山隆平(関ジャニ∞)

 

▼   雑誌を買う基準

 

連載しているものは基本買わない。買ったらキリがないので。その癖V6が出ている雑誌はほぼ買う。新曲リリース、舞台、ドラマ出演はバンバン買う。一応ページ数が全然ないやつ(一ページの中で少し写ってるとか)は買わないようにしている。そして関ジャニは買わなくなった。これは多分今の熱量の問題なので、その内また買い出す可能性がある。整理も苦手ながらにコツコツ頑張っている。目下の悩みは表紙の綺麗な剥がし方。

 

▼   CDを買う基準

 

基本シングルもアルバムも全形態。でも掛け持ちが大変になってきたら通常はレンタルとか色々工夫したい。

とか言いつつ、V6の特典商法にまんまと引っ掛かっていて、Can't Get Gnough、COLORSは見事に特典全種購入している。家に未開封のCDがどんどん溜まる。

 

▼映像作品を買う基準

 

コンサートDVDなら買う。とりあえず本当は初回通常(Blu-ray)両方買いたいけど、金銭面に余裕がないことの方が多いのでとりあえずまず初回を買う。

ドラマ映画は一切買わない。……と、言いたかったところだけど、わたしはヒメアノ~ル出のV6担(しかもDVD)なので、ヒメアノ~ルのBlu-rayだけは家にある。生まれて初めて映画の円盤を買った。

わたしのドラマ映画舞台などの選別基準は「誰が出ているか」ではなく、「わたしが観て面白いかどうか」だけなので、まあ多分これからはその基準を満たされたらドラマ映画の円盤も買う。

 

▼   現場に行く基準

 

コンサートは絶対最低でも1回は行く。休みさえ合えば複数公演もどんどんする。仕事柄公休希望が月2日しか出せないので、札幌や福岡は厳しいが名古屋は日帰り弾丸ツアー強行するし、大阪も終わる時間次第では日帰りで行ける。東京は片道1時間かからないので軽率に行ける。こういう時に東京ではないが首都圏に住んでて良かったと思う。

舞台はとりあえず応募はする。担当以外ならそこで外れたら一般探すまではしない(内容が好きそうなら頑張る)。担当なら必死こいて一般を探す。一度観て面白いと思ったらチケットと休みとお金さえあれば何回も行く(現に坂本昌行さんの舞台、君が人生の時はとりあえず今のところ(6月25日現在)3回は確実に行く予定。当日券がゲットできればまた行く)

 

▼   遠征する基準

 

休みとチケットが合えば何処にでも。基準はそこだけ。まだ若さに物言わせて無茶できる歳だと思いたいので、夜行バスで帰ってきてそのまま仕事とかも行く。仕事中かなりしんどいけど。基本遠征は全て1人なので、本当にコンサートだけ観て帰る。

けど初遠征の去年冬のエイタメ札幌で新千歳空港で半日を過ごし、成田に帰ってきても終電が過ぎてる為空港野宿してそのまま仕事という身体的というより精神面に多大な疲労を被ったので、冬の札幌はちょっとしばらく遠慮しようかと思ってます。

 

▼グッズを買う基準

これも基本全部買う。ペンライト、ポスター、ファイル、写真、パンフレット、Tシャツなど全て。使わないと分かっていても買う。関ジャニは担当はもちろん、そしてそこにやすすとすばるさんが加わる。他はビジュ次第。

V6はもりたさんを担当と称しているけど未だにここら辺がふわふわしていて、もりたさん、三宅先生、まさゆきさんのグッズは全部買うことが予想される(まだコンサートに行ったことがない為一応予想)。おかだくんは写真やうちわは絶対買う。ろしさまといのはらくんはビジュ次第、けど高確率できっと買う。

 

▼  ジャニショで写真を買う基準

 

これも軽率にどんどん買う。往復一時間ちょっとで行けるのがいけない。自担全種は当然、さっき挙げたやすす、すばるさん、三宅先生、まさゆきさんも基本全種。他はビジュ次第とか言いながらほぼ全て買ってる。ジャニショ行くたびに会計が2万前後になる。まあ仕方ない。

 

 

 

 

こうして見ると馬鹿みたいにお金を使ってるな……。でもオタクとしてお金使ってるときが一番楽しいし、その為に働きたくもないのに働いて仕事やってるんだから、自担たちは偉大。ありがとうございます。自担がいなかったらわたし何して生きてたんだろう……。

                                                    以上