徒然なるままに

気まぐれなV6と関ジャニが好きなおたくのブログ

アニメオタクがジャニーズオタクへシフトチェンジする話

まず第一に。わたしは生粋のアニメオタクだった。それは小学校から中学という義務教育期間はほぼアニメオタクで、本当に痛いオタクだった。テンプレ的なイッッッタイ女オタク(腐女子)を思い浮かべてほしい。それがほぼわたしだった。ただの黒歴史である。ある意味今も更新中なのはもう仕方ないと割り切っている。もうきっとこの性質は治らないと思い込むことにした。悲しい。

そして、当時のわたしはジャニーズが嫌いだった。嫌いと言っても、ジャニーズのバラエティ番組はしょっちゅうとはいかないにしてもよく見ていたし、顔も見たくないほど嫌いだったわけではない(そして当時からTOKIO松岡昌宏くんだけはずっと好きだった)。しかし、そこそこ仲のいい友達はジャニーズが好きで、よくコンサートに行っていたのだが、その話を聞く度に「ハイハイ、どうせ全部口パクでしょ」なんて言葉ばかり返していた。本当にごめん。うろ覚えだけど土下座しても足りないくらいひどいこと(しかもめちゃくちゃなこと)言ってた気がする。でも何故かずっと話し続けてくれてありがとう。

そんな日々が続き、中学3年のある夏休みの日、テレビで嵐にしやがれの再放送をやっていた。何の気なしに見始めると、そこに出ていたのは関ジャニ∞だった。

わたしは関ジャニ∞という存在を、認識はせずともうすらぼんやりと見ていた。当時やっていた仕分けや月曜から夜ふかしマツコ・デラックス目当てでたまに見ていたし、有名な曲(と言っても無責任ヒーローくらい)は知っていた。しかし、個々の存在は全くと言っていいほど知らなかったのだ。おそらく、錦戸亮ですら知っていたかどうかが怪しい。

その程度の知識の中見た嵐にしやがれは、とても面白かったのを覚えている。その時の回には丸山隆平錦戸亮はいなかったけれど、とても面白くて、同日にやる本放送でも関ジャニ∞が出ると知り、迷わず録画するほど気に入ったのだ。

そして見た、関ジャニ∞全員揃ってのゲストの本放送。

衝撃的だった。

こんなジャニーズがいるのかと、初めて知った。

下手な芸人よりも面白いと思った。

根っからのオタク気質なわたしは即座に諸々を調べた。生年月日、血液型、出身地、来歴。勢いに身を任せ、とにかく調べた。それと同時に出演番組を録画し、見る。

どんどん引きずり込まれていった。面白いだけじゃない彼らをどんどん知ることができた。

デビューまで苦労し、デビューしても苦労してきたこと。ジャニーズなのに、たった1000人のキャパシティの松竹座すら埋められず、満席にするのに3年もかかったこと。

素直にかっこいい、と思ったのだ。苦労を重ねてきているのに、誰ひとりとして諦めることをせず上を見据えているその姿勢が。わたしには持つことができないものだと分かっていたから。

その年は受験があった為コンサートには行けなかったが、生まれて初めてコンサートというものに行ってみたいと思った。バラエティでの彼らももちろん好きだが、色々なDVDなどを見た結果、彼らはコンサートでこそ誰よりもかっこよく、そして何よりも美しくあるのだと思ったから。

その熱量を保ちながら1年が経ち、初めてのコンサート、JUKE BOXのツアー初日に参加した。

登場した瞬間、思わず涙が零れたのをよく覚えている。わたしが今まで好きだったものは二次元で、実体を持っていないものばかりだっから、幕が上がった瞬間「ああ、本当にそこに居てくれるのか」と思ったのだ。席としてはとても遠かったが、それでもわかった、彼らのかっこよさ、美しさ。

コンサートが終わって、心から彼らを好きになって良かったと思った。現場に生きる彼らを好きになって本当に良かったと思えたのだ。

 

とりあえず、これがわたしがアニメオタクからジャニーズオタクにシフトチェンジする大元の話。次は何故V6に好きになったのかを書きたい。

 

読んでくれてありがとうございました。

社会人二年目ジャニヲタの応援スタンス

今さらながらに、まあ自己整理を含めてやってみる。

こちらの方のブログを参考に。

 

http://cori0922kw.hatenablog.jp/entry/2016/05/14/213035

 

担当:森田剛(V6)、丸山隆平(関ジャニ∞)

 

▼   雑誌を買う基準

 

連載しているものは基本買わない。買ったらキリがないので。その癖V6が出ている雑誌はほぼ買う。新曲リリース、舞台、ドラマ出演はバンバン買う。一応ページ数が全然ないやつ(一ページの中で少し写ってるとか)は買わないようにしている。そして関ジャニは買わなくなった。これは多分今の熱量の問題なので、その内また買い出す可能性がある。整理も苦手ながらにコツコツ頑張っている。目下の悩みは表紙の綺麗な剥がし方。

 

▼   CDを買う基準

 

基本シングルもアルバムも全形態。でも掛け持ちが大変になってきたら通常はレンタルとか色々工夫したい。

とか言いつつ、V6の特典商法にまんまと引っ掛かっていて、Can't Get Gnough、COLORSは見事に特典全種購入している。家に未開封のCDがどんどん溜まる。

 

▼映像作品を買う基準

 

コンサートDVDなら買う。とりあえず本当は初回通常(Blu-ray)両方買いたいけど、金銭面に余裕がないことの方が多いのでとりあえずまず初回を買う。

ドラマ映画は一切買わない。……と、言いたかったところだけど、わたしはヒメアノ~ル出のV6担(しかもDVD)なので、ヒメアノ~ルのBlu-rayだけは家にある。生まれて初めて映画の円盤を買った。

わたしのドラマ映画舞台などの選別基準は「誰が出ているか」ではなく、「わたしが観て面白いかどうか」だけなので、まあ多分これからはその基準を満たされたらドラマ映画の円盤も買う。

 

▼   現場に行く基準

 

コンサートは絶対最低でも1回は行く。休みさえ合えば複数公演もどんどんする。仕事柄公休希望が月2日しか出せないので、札幌や福岡は厳しいが名古屋は日帰り弾丸ツアー強行するし、大阪も終わる時間次第では日帰りで行ける。東京は片道1時間かからないので軽率に行ける。こういう時に東京ではないが首都圏に住んでて良かったと思う。

舞台はとりあえず応募はする。担当以外ならそこで外れたら一般探すまではしない(内容が好きそうなら頑張る)。担当なら必死こいて一般を探す。一度観て面白いと思ったらチケットと休みとお金さえあれば何回も行く(現に坂本昌行さんの舞台、君が人生の時はとりあえず今のところ(6月25日現在)3回は確実に行く予定。当日券がゲットできればまた行く)

 

▼   遠征する基準

 

休みとチケットが合えば何処にでも。基準はそこだけ。まだ若さに物言わせて無茶できる歳だと思いたいので、夜行バスで帰ってきてそのまま仕事とかも行く。仕事中かなりしんどいけど。基本遠征は全て1人なので、本当にコンサートだけ観て帰る。

けど初遠征の去年冬のエイタメ札幌で新千歳空港で半日を過ごし、成田に帰ってきても終電が過ぎてる為空港野宿してそのまま仕事という身体的というより精神面に多大な疲労を被ったので、冬の札幌はちょっとしばらく遠慮しようかと思ってます。

 

▼グッズを買う基準

これも基本全部買う。ペンライト、ポスター、ファイル、写真、パンフレット、Tシャツなど全て。使わないと分かっていても買う。関ジャニは担当はもちろん、そしてそこにやすすとすばるさんが加わる。他はビジュ次第。

V6はもりたさんを担当と称しているけど未だにここら辺がふわふわしていて、もりたさん、三宅先生、まさゆきさんのグッズは全部買うことが予想される(まだコンサートに行ったことがない為一応予想)。おかだくんは写真やうちわは絶対買う。ろしさまといのはらくんはビジュ次第、けど高確率できっと買う。

 

▼  ジャニショで写真を買う基準

 

これも軽率にどんどん買う。往復一時間ちょっとで行けるのがいけない。自担全種は当然、さっき挙げたやすす、すばるさん、三宅先生、まさゆきさんも基本全種。他はビジュ次第とか言いながらほぼ全て買ってる。ジャニショ行くたびに会計が2万前後になる。まあ仕方ない。

 

 

 

 

こうして見ると馬鹿みたいにお金を使ってるな……。でもオタクとしてお金使ってるときが一番楽しいし、その為に働きたくもないのに働いて仕事やってるんだから、自担たちは偉大。ありがとうございます。自担がいなかったらわたし何して生きてたんだろう……。

                                                    以上

A.B.C-Zのお渡し会&ハイタッチ会に参加しました

行ってきました。友人がえび担で、諸々事情がありわたしも同行することに。

前記事の自己紹介ばとんで気になる子に戸塚祥太くんを上げたけれどあれはただ顔がかっこいいと思っていたからなので、正直えびに対しては友達が好きなグループ、程度の認識。好きか嫌いかなら好きだけど、わざわざ調べたり追ったりするほどではないような感じ。

会場に着いた最初の感想

「人やばっ」

一応早めの電車に乗って行ったし、開始時間前には着いたからまだそんなに人はいないと思っていた。甘かった。えびの人気を侮っていた。列が移動する様はまるで民族大移動。正直一瞬帰りたいとさえ思った。ごめん友達。

待つこと数時間。全然列は進まないし、終わりが見えなくて微妙にイライラ。戸塚くんの顔を生で見れる楽しみがあったとは言え全然進まない。足も腰も痛い。疲労が蓄積し、いっそ眠気すら襲ってきた頃ようやく列が動いた。隣の部屋に通され、またそこで数分待つと、A.B.C-Z御本人の登場。わたしは一番後ろにいたからはっきりは見えなかったがそれでもわかった、戸塚祥太の顔がかっこいい。「寝間着じゃないの?」と振られた後のカーディガンを翻す五関様。ひたすらに可愛かった塚ちゃん。長時間待機したので体調が悪くなったら持ち帰ってやると言った河合くん。「1位を取りたい」と断言した橋本くん。えび担ではないわたしですらすごいテンションが上がった。

あと個人的にとても感じたのは、戸塚祥太丸山隆平と系統が似ている。「体調わる~い!」とボケた塚ちゃんに「いい病院紹介してあげる」と更にボケを重ねた瞬間、丸山隆平と同じにおいを感じた。ええ大好きです、いっそ愛してます。

そしてそこから数十分待ち、とうとうわたしの順番に。

最初は塚ちゃんでした。近くで見た瞬間「うわこの人のいい人オーラすごい」となりました。笑顔が素敵だった……。

次に五関くん。実は未だに掌の感覚残ってます。何だかとてもリアルな感じがした。

次は橋本くん。「すばるさんと最近遊んでる?」と聞きたかったけど一瞬過ぎて何も言えなかった……。

その次に戸塚くん。わたしの本命です。唯一「好きです!」と言えた。「ありがとう」と言ってくれた。顔が死ぬほどかっこよかった。とてもかっこよかった……。

最後に河合くん。封筒の受け渡しのみでハイタッチはできなかったけど、ありがとうと声をかけてくれた。綺麗な顔立ちをしていた……。

以上でわたしのお渡し会&ハイタッチ会は終了。正直体感3秒。まああの人数を捌かなきゃいけないので当たり前ですが。でもその3秒で長時間並んだ疲れは飛びました。何度でも言います。戸塚祥太の顔がかっこよかったです。戸塚祥太の顔が最高にかっこよかったです。

わたしは関ジャニ∞とV6担なので、自担のこの様なイベントは厳しいだろうと思うけれど、昔やってくれたようにまたいつかやってくれないかなあと願いつつ。

最後に。戸塚祥太の顔がかっこよかったことをこの目で間近で確認できた今日に感謝します。

ありがとう友達!

自己紹介ばとん

ブログというか、ちょっと自己整理の為にやりたかった

 

じゃにーずおたく自己紹介ばとん

【名前】

爽井

【今の担当は?(複数可)(推しでもどうぞ!)】
名前:丸山隆平(関ジャニ∞)

好きなところ:一般人とは何かが違うところ

担当になったきっかけ:嵐にしやがれを見て

 

名前:森田剛(V6)

好きなところ:圧倒的なカリスマ性、先天的な人としての色気

担当になったきっかけ:ヒメアノ~ルを見て

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

5年ほど前の関ジャニゲスト回の嵐にしやがれを見てから

【担当遍歴】

丸山隆平森田剛

遍歴というか担当が増えただけです

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

山田、剛健

昔から一緒にやってきているけど常にベタベタしているわけではなくて、お互いに対する感情があっさりしてるように見えても本当はそうではない関係が好きです

【1番心に残ってる現場】

JUKE BOX

【初めて行った現場】

JUKE BOX

【最近行った現場】

関ジャニ'sエイターテインメント

【次行く現場】

if or …Ⅸ

【記憶に残ってるファンサ】

ファンサもらったことないです……ほしい……

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

関ジャニ∞

渋谷すばるスペアキー(何度聞いても泣ける)

desire(やすば最高の一言に尽きる)

torn(君のためなら悪にでもなるよ、という愛の中に狂気を孕んでる歌詞が好き)

 

V6

Supernova(ひたすらに中毒性)

will(歌い出しのもりたさんの歌声がとても好き)

”悲しいほどに ア・イ・ド・ル” ~ガラスの靴~(すごい衝撃的だった、だけどすぐストンと落ちた)

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

関ジャニ∞

ブリュレ(腕をゆっくり上に上げる振りがとても好き)

Black of night(安田章大ありがとう)

マーメイド(村上信五がかっこいいです)

 

V6

Supernova(旧振りの方。V6にしか持ち得ない色気でこちらをボコボコにしてくる)

SP”Break The Wall”(すべてが好き)

MUSIC FOR THE PEOPLE(カミセンがしゃがんでその上の空間をトニセンが蹴るところがカミセントニセン双方かっこいい)

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

MADE IN JAPAN

MUSIC FOR THE PEOPLE

TAKE ME HIGHER

【1番好きなペンライト】

JUKE BOX

【1番好きな衣装】

関ジャニ∞:Fight for the Eight

V6:ROCK YOUR SOUL

【よく買う雑誌】

特になし

【この映像は見て欲しい!というオススメ】

関ジャニ∞:COUNTDOWN LIVE 2009-2010 in 京セラドーム大阪

V6:live tour 2011 Sexy.Honey.Bunny!

【ジャニヲタになる前の趣味は?】

アニメ・漫画・ゲーム

【最近気になっている子】

戸塚祥太くん

【最後に一言!】

思った以上に諸々考えました。とても楽しかった……